ヒップアップエステ体験

たるんだお尻をヒップアップ!美しい小尻に!

  • 最近ジーンズがきつくなった
  • 冷え性がひどくなってお尻も冷える
  • 水着を着る時にパレオは必須だ
  • ダイエットやエクササイズをしてもなかなかしぼりにくいけど、ちょっと油断したらすぐによけいな脂肪がついてしまうヒップライン。
    ヒップラインのたるみは心の油断、しぼるよりもよけいな脂肪をつけないことを心がけないといけませんね。
    それがなかなか難しいのですが、たるんでしまった、あるいは余計な脂肪がついてしまったヒップを、諦めずにヒップアップをするにはどうしたらいいのでしょう。
    ヒップラインのきれいな方は、細いと言うだけでなく美しくバランスの整った形なのです。 適度に整った筋肉と脂肪がバランスよくついているから美しいヒップラインに見えるのです。
    ヒップラインを整えるエクササイズは、激しいウェイトトレーニングやジョギングで瞬発系筋肉を鍛えるよりも、じっくりウォーキングなどで持久系筋肉を時間をかけて整えて、いつもお尻を持ち上げるよう意識して行うといいでしょう。
    また、むくみもヒップアップの大敵ですので、代謝力を高めるミネラルを摂取してマッサージなどで循環を促進し、老廃物をお尻にため込まないことも重要です。
    ただ、ヒップラインは自分でケアしずらい箇所でもあり、セルライトも気になるという方は、エステサロンでプロのマッサージを体験してみるのもおすすめです。
    ヒップラインだけではなく、レッグラインまでもセルライトのない美しい体になれたら嬉しいですよね。

ヒップアップする体験エステはこちら

ヒップアップするためのQ&A

なかなか続かないダイエット。手軽に続けられるエクササイズは?
ヒップアップのエクササイズは、激しい運動よりじっくり時間をかけて持ち上げる気持ちが大事です。でも続けるのは難しいですよね。
例えば電車通勤時など、立っている時につま先を45度に開いてかかとを上げる、など、日常で続けやすいことから始めるのがいいでしょう。
オフィスや日常でお尻がたるまないように気を付けることは?
いつもヒップアップを意識していることです。
ヒップアップにはお尻と太ももの内側を引き締めるように日頃から意識することが大事です。 歩く時、立っている時、座る時、いつでも持ち上げるように意識して引き締めてみましょう。
年を重ねるとたるむヒップライン、年齢の他に原因はありますか?
例えば妊娠や出産などの際、骨盤は開いてゆるくなります。
産後ゆるんだ骨盤はゆがんでしまい、それに伴い筋肉の位置もバランスも乱れてしまいます。
ヒップラインがたるむのは骨盤がゆがんでる場合もありますので、骨盤を矯正して本来の位置に戻すことが重要なのです。
食事制限やダイエットでヒップアップの効果はありますか?
ヒップラインがたるんでしまうのに、おいしいものはやめたくないと言うのは本音ですよね。
ヒップラインに限らず、食生活は健康のためにも大変重要です。
代謝を促進のために暴飲暴食を避けて偏らない食生活と、規則正しい生活習慣を心がけるといいでしょう。
ヒップアップのマッサージ方法は、どのようにするといいでしょう?
入浴時などの代謝が活発な時に、両手でヒップを持ち上げるようにもみあげると効果的です。
あまりきつくもんでしまうと筋肉を刺激しすぎますので逆効果です。
優しく持ち上げるように時間をかけてもみあげましょう。

ヒップアップする体験エステはこちら

ページの先頭へ