• ホーム
  • ニキビの症状を抑えたいのであれば超低用量ピルのヤーズを服用

ニキビの症状を抑えたいのであれば超低用量ピルのヤーズを服用

超低用量ピルの一つに、ヤーズと呼ばれるものがあります。基本的にはピルは男性ホルモン生成と活性化の抑制に作用するため、皮脂の分泌量を抑えることによるニキビ予防効果も現れます。特に海外ではニキビ治療薬に用いられることもあるため、皮脂の分泌量抑制が期待できます。

いわゆる大人ニキビと言われるものは、男性ホルモンの活性化による影響を受けています。そのため、超低用量ピルのヤーズはとても有用です。男性ホルモンの活性化はニキビ以外の肌荒れにも影響するため、何かしらの肌荒れに悩んでいる時にも使えます。ただし、生活習慣の見直しも大事です。

また、生理前にはニキビができやすくなります。これは女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れることで起きるため、ヤーズを使用すればホルモンコントロール作用で生理前ニキビの軽減も行えます。これは本来は、月経困難症の治療薬です。保険適応されるということもあり、処方されることは珍しくありません。超低用量ピルとしてエストロゲンの含有量が最も少ないため、吐き気などの副作用が出にくいと言われています。

副作用が出にくいと言ってもエストロゲン量が少ないと効果が心配になりますが、代わりにドロスピレノンという黄体ホルモンが含まれています。このドロスピレノンはプロゲステロン(生体内で生成される黄体ホルモン)に近い合成黄体ホルモンですので、副作用の心配を減少させながら必要な効果も問題なく発揮します。

海外では主に避妊薬やニキビ治療薬として用いられますが、PMSにも有用です。女性ホルモンに働きかけるものですので、トリキュラー同様にPMSの治療薬にもなります。トリキュラーもヤーズもピルですが、副作用のことを考えるなら自然な黄体ホルモンに近い成分を持つヤーズが向きます。

また、ヤーズフレックスという製品も存在します。こちらは日本国内初の連続服用可能な低用量ピルで、排卵抑制によって子宮内膜症を引き起こす子宮内膜の厚みを抑える働きがあります。それにより、子宮内膜症の痛みを軽減させます。

ヤーズフレックスは休薬期間が必要ないため、休薬期待中に起きやすいホルモン関連の症状による苦痛感を減らせます。休薬期間中には体内の自然なホルモン分泌が薬により抑制された機能に働きがけるため、骨盤痛・頭痛・腹部膨張感・乳房痛などが起きやすくなります。どれも不快感や苦痛感に繋がるものなので、無いに越したことはありません。

また、休薬期間を必要としないことから、より自由な月経コントロールが可能になります。一般的なピルでは3週間服用したら次の1週間は服用を中止し、無排卵月経のような出血を経る必要がありました。休薬期間を要しないなら無排卵月経のような出血を経る必要もないため、利用者にとってはとても楽です。

ヤーズを得るためには基本的に処方箋がないといけませんが、トリキュラーと同じように通販でも見つけることはできます。ただし、注意点も同じです。インターネット通販の中には偽造品も多く流通しているため、選択を誤れば求めるような効果は得られません。場合によっては、別の病気の原因になります。

どうしても通販で購入したいのであれば、販売元や掲載サイトが確かに安心で信用できるところなのかを重々確認してください。相場を調べ、安過ぎるものには手を出さないことも大事です。もっとも理想的なのは、婦人科に受診して処方してもらうことですので、病院に足を運べるのであれば治療として処方を受けてください。

ヤーズは、保険適応される薬です。婦人科へ訪れることに対して、何かしらの恥ずかしさや引け目などは必要ありません。適切な症状改善や避妊対策のために、通販購入よりも病院を受診することをおすすめします。

関連記事
避妊に失敗した時は直ぐにアイピルを服用して妊娠を回避する 2020年06月12日

性行為の際に避妊に失敗した・避妊なしの性行為があったなどの緊急時には、アイピルを服用します。アイピルは緊急の避妊処置を行うためのモーニングアフターピルで、有効成分はレボノルゲストレルです。レボノルゲストレルは医薬的にも用いられるものであり、アイピルはそのジェネリックになります。ジェネリックとは、開発...

生理痛がひどい時はピルを服用した方が軽減する 2020年03月13日

避妊薬として用いられることが多いピルですが、実は生理痛を軽減する効果もあり、月経に関する女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。血中の女性ホルモンを増やすと体内が排卵後の状態になるため、既に排卵はされているという情報が脳に伝わります。実際に排卵は起きていませんが、女性ホルモンの...

ピルの中で一番人気があるトリキュラーは通販することができる 2020年04月20日

基本的にピルは処方箋がないと購入できませんが、トリキュラーは通販でも見かけます。トリキュラーはバイエル社製の低用量ピルであり、利用者側にとっての最大の魅力は避妊率99%である点です。避妊率99%の効果は、妊娠を避けたい方にとって大変な魅力であるため人気を集めています。残り1%の保証はありませんし、信...

低用量ピルを1日1錠内服で完璧に避妊することができる 2020年04月02日

避妊薬としての低用量ピルは、月経初日から1日1錠を同時刻に飲み続けます。3週間続けたら、1週間の休薬期間に入ります。休薬期間中に出血は起きますが、排卵はピル成分によるホルモンコントロールで抑制されているため無排卵月経です。このような3週間服用と1週間休薬を繰り返すことになります。低用量ピルは、4週間...

閉経はだいたい何歳くらいから迎えるの? 2020年02月24日

閉経する年齢は、平均50歳から51歳です。日本人女性に限った場合の閉経年齢は、平均50.5歳とされています。しかし、いずれの国の女性でも個人差があります。40代で閉経する方もいれば、57歳程まで月経が続く方もいます。個人差があることですので、平均年齢はあくまで参考程度にしてください。閉経の兆候が訪れ...