• ホーム
  • 生理痛がひどい時はピルを服用した方が軽減する

生理痛がひどい時はピルを服用した方が軽減する

白い錠剤

避妊薬として用いられることが多いピルですが、実は生理痛を軽減する効果もあり、月経に関する女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。血中の女性ホルモンを増やすと体内が排卵後の状態になるため、既に排卵はされているという情報が脳に伝わります。

実際に排卵は起きていませんが、女性ホルモンのコントロールにより既に起きたことになるため、本当の排卵が起きないという仕組みです。1999年に初めて日本でも使用可能になったのは低用量ピルで、含まれるエストロゲンの程度により超低用量・中用量・高用量といった括りもあります。

黄体ホルモンは子宮頸管粘液の性質や子宮内膜に変化を起こすため、その作用により妊娠にしくい状態を作ります。避妊薬として用いられるのはそういった作用によるものですが、黄体ホルモンや卵胞ホルモンは月経にも関係しています。

そのため、ホルモンコントロールすることで生理痛・生理不順・PMSなどが軽減する効果も期待できます。薬を使用しない状態の時には、周期に合わせて誰にでもホルモンの変動が起きます。その中でも特に変動が大きくなりやすい方に、PMSと呼ばれる月経前症候群(生理前症候群)が起きやすくなります。

生理痛はもともとの子宮の位置が関係していることもありますが、ホルモンコントロールをすることで子宮の働きにも作用するので痛みの程度は和らぎます。また、子宮内膜の厚みの影響で生理痛が起きている場合も、作用によって子宮内膜の厚みが少なくなることから軽減が見込めます。加えて経血が減り、貧血も起こりにくくなります。

生理不順とは月経周期が不規則なことを言い、原因は女性ホルモンにあると言われています。そのため、ピルでホルモンコントロールを行うことで生理不順の改善に繋がります。子宮筋腫や子宮内膜症がある場合も、経血の減少や痛みの軽減が期待できます。

また、卵胞ホルモンの過剰が一つの要因になると言われている子宮体癌の予防にもピルは有効です。卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスを正常に保つことで、発症率を低減させます。その他、卵巣嚢腫や乳腺症の予防にも効果があることが分かっています。

月経の日を早めたい、逆に遅くしたい場合にもピルを使います。この目的で使用する際は中用量を使うことが多いようですが、実際には低用量でも可能です。

早めたい時は、まず月経開始日から服用を始めます。そして、次の月経日にしたい日の2日前くらいに服用を中止します。すると、出血が始まります。中用量の場合は、月経が起きた日から5日目に服用を開始します。遅らせたい時は、まず月経予定日の5日前くらいから服用を始めます。来てほしい2日から3日前に服用を中止すると出血が始まりますので、予定に合わせて調節してください。ちなみに、月経日を遅らせる場合は中用量の使用が一般的です。

日常的にピルの服用をしている方は、1相性(ホルモン量が持続的に一定)のピルを服用し続ければその間は月経が来ません。飲み続ければずっと来ないということですが、永遠にするのは体に毒となります。出血しても問題のない時期には、服用を中止して月経を起こしてください。

ピルは基本的に市販されておらず、入手には医師の処方箋が必要です。また、保険適応される種類とされない種類があります。保険適応になるのは、ヤーズ・ヤーズフレックス・ルナベルULD・フリウェルLD・ジェミーナです。これらはいずれも超低用量ピルになります。

逆に保険適応されないのは、シンフェーズ・トリキュラー・マーベロン・ラベルフィーユ・ファボワールなどです。用いる種類は体の内的問題に合わせて考える必要があるため、状況により保険適応外の薬しか処方されない場合もあります。

関連記事
避妊に失敗した時は直ぐにアイピルを服用して妊娠を回避する 2020年06月12日

性行為の際に避妊に失敗した・避妊なしの性行為があったなどの緊急時には、アイピルを服用します。アイピルは緊急の避妊処置を行うためのモーニングアフターピルで、有効成分はレボノルゲストレルです。レボノルゲストレルは医薬的にも用いられるものであり、アイピルはそのジェネリックになります。ジェネリックとは、開発...

ニキビの症状を抑えたいのであれば超低用量ピルのヤーズを服用 2020年05月18日

超低用量ピルの一つに、ヤーズと呼ばれるものがあります。基本的にはピルは男性ホルモン生成と活性化の抑制に作用するため、皮脂の分泌量を抑えることによるニキビ予防効果も現れます。特に海外ではニキビ治療薬に用いられることもあるため、皮脂の分泌量抑制が期待できます。いわゆる大人ニキビと言われるものは、男性ホル...

ピルの中で一番人気があるトリキュラーは通販することができる 2020年04月20日

基本的にピルは処方箋がないと購入できませんが、トリキュラーは通販でも見かけます。トリキュラーはバイエル社製の低用量ピルであり、利用者側にとっての最大の魅力は避妊率99%である点です。避妊率99%の効果は、妊娠を避けたい方にとって大変な魅力であるため人気を集めています。残り1%の保証はありませんし、信...

低用量ピルを1日1錠内服で完璧に避妊することができる 2020年04月02日

避妊薬としての低用量ピルは、月経初日から1日1錠を同時刻に飲み続けます。3週間続けたら、1週間の休薬期間に入ります。休薬期間中に出血は起きますが、排卵はピル成分によるホルモンコントロールで抑制されているため無排卵月経です。このような3週間服用と1週間休薬を繰り返すことになります。低用量ピルは、4週間...

閉経はだいたい何歳くらいから迎えるの? 2020年02月24日

閉経する年齢は、平均50歳から51歳です。日本人女性に限った場合の閉経年齢は、平均50.5歳とされています。しかし、いずれの国の女性でも個人差があります。40代で閉経する方もいれば、57歳程まで月経が続く方もいます。個人差があることですので、平均年齢はあくまで参考程度にしてください。閉経の兆候が訪れ...