• ホーム
  • 辛い更年期の症状は漢方で緩和できる

辛い更年期の症状は漢方で緩和できる

考えている女性

更年期とは、閉経する前後5年の間に起きる卵巣機能低下期のことです。卵巣機能が低下すると女性ホルモン分泌も減少するため、女性ホルモンの作用による月経周期に短縮や不定期などの変化が現れます。そういった変化を経た後、月経機能(いわゆる生理)が停止します。

女性ホルモン(特にエストロゲン)の減少に伴い、起きることは月経周期の変化だけではありません。心身的な調子に関係するホルモンバランスが急に変動するため、ホットフラッシュ・発汗・動悸・肩こり・腰痛・めまい・頭痛といった身体的症状や、不安・憂鬱・意欲低下・イライラなどの精神的症状も出やすくなります。

更年期によるホルモンバランスの急変動で引き起こされた心身的症状が、日常生活に支障をきたす程度になった場合に更年期障害と診断されます。更年期と更年期障害の意味は別であり、前者は時期のこと、障害は更年期の影響で著しい症状が現れた状態のことです。

エストロゲンの減少は、女性器機能があれば誰にでも訪れます。ただ、その時に起きる症状の程度には明らかな個人差があります。とても重たい症状で日常生活が脅かされる方もいれば、全く無症状で何の前触れもなく閉経を迎える方もいます。また、症状が現れてもホットフラッシュがある人と無い人がいるなど出方は実に様々です。

同じようにエストロゲンの減少が起きているのに症状の程度に違いが現れる理由は、減少の速度にあります。急激に減少するほど体の慣れが追いつかず、重い症状が出やすくなります。そのため、緩やかに低下させることができれば症状は軽くなります。

緩やかな低下にする方法として挙がるのは、生活の中で体質改善をしてみることです。体質改善のためによく用いられるのは漢方薬であり、自然由来のために副作用が出にくく、安全に体質改善を行える方法だと言われています。

漢方ではその概念(気・血・水)に沿って症状に合う薬を選びますが、更年期には?血・血虚・気逆・腎虚の存在が疑われます。

?血は血の滞りを表すもので、頭痛や肩こりなどを引き起こします。血虚は血の不足を表し、気力低下・集中力低下・めまい・睡眠障害・耳鳴りなどの原因になると言われます。

気逆は気の流れの異常を示し、のぼせ・ほてり・頭痛・動悸などを起こします。腎虚は代謝や体内機能の働きが衰えていることを表し、目の疲労・生理不順・重だるい腰・腰痛・疲れやすい・乾燥などに関係しています。

更年期症状に有効と言われている漢方薬は、5つ程あります。他にも存在しますが、よく挙がるのは加味逍遙散・温経湯・五積散・桂枝茯苓丸・温清飲・当帰芍薬散です。

加味逍遙散(かみしょうようさん)は、?血・気逆・腎虚系の症状に向きます。温経湯(うんけいとう)は、ほてりや口の乾きといった更年期症状に有用です。この2つは不眠症にも効果があります。

五積散(ごしゃくさん)は、冷えを伴う更年期症状に使います。また、頭痛にも有効です。桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は、?血系に効果があります。

温清飲(うんせいいん)は、乾燥・肌色の悪さ・のぼせ・神経症などに効果があると言われています。当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、冷えやむくみなど血虚系に作用します。

漢方薬の注意点ですが、自然由来で体に害がないと言っても漢方薬にも副作用はあるということは忘れないようにしてください。植物界に毒や刺激性ある成分を含む種類があるように、人間にとって安全性が高くても副作用率0%とは言えません。

また、症状や体力に合った漢方薬を選ばないと問題は起こりやすくなります。効果がない、あるいは副作用ということが十分にあり得ます。自分に合った種類を継続して用いることが、十分な効果に繋がります。できることなら、市販薬よりも漢方医に処方してもらうことをおすすめします。

関連記事
避妊に失敗した時は直ぐにアイピルを服用して妊娠を回避する 2020年06月12日

性行為の際に避妊に失敗した・避妊なしの性行為があったなどの緊急時には、アイピルを服用します。アイピルは緊急の避妊処置を行うためのモーニングアフターピルで、有効成分はレボノルゲストレルです。レボノルゲストレルは医薬的にも用いられるものであり、アイピルはそのジェネリックになります。ジェネリックとは、開発...

生理痛がひどい時はピルを服用した方が軽減する 2020年03月13日

避妊薬として用いられることが多いピルですが、実は生理痛を軽減する効果もあり、月経に関する女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。血中の女性ホルモンを増やすと体内が排卵後の状態になるため、既に排卵はされているという情報が脳に伝わります。実際に排卵は起きていませんが、女性ホルモンの...

ニキビの症状を抑えたいのであれば超低用量ピルのヤーズを服用 2020年05月18日

超低用量ピルの一つに、ヤーズと呼ばれるものがあります。基本的にはピルは男性ホルモン生成と活性化の抑制に作用するため、皮脂の分泌量を抑えることによるニキビ予防効果も現れます。特に海外ではニキビ治療薬に用いられることもあるため、皮脂の分泌量抑制が期待できます。いわゆる大人ニキビと言われるものは、男性ホル...

ピルの中で一番人気があるトリキュラーは通販することができる 2020年04月20日

基本的にピルは処方箋がないと購入できませんが、トリキュラーは通販でも見かけます。トリキュラーはバイエル社製の低用量ピルであり、利用者側にとっての最大の魅力は避妊率99%である点です。避妊率99%の効果は、妊娠を避けたい方にとって大変な魅力であるため人気を集めています。残り1%の保証はありませんし、信...

低用量ピルを1日1錠内服で完璧に避妊することができる 2020年04月02日

避妊薬としての低用量ピルは、月経初日から1日1錠を同時刻に飲み続けます。3週間続けたら、1週間の休薬期間に入ります。休薬期間中に出血は起きますが、排卵はピル成分によるホルモンコントロールで抑制されているため無排卵月経です。このような3週間服用と1週間休薬を繰り返すことになります。低用量ピルは、4週間...